薄毛 病院

女性の薄毛には、大豆イソフラボンが効果があるって本当なのかを調査してみました

    

女性の薄毛には、大豆イソフラボンが効果があるって本当なのかを調査してみました

女性ホルモンのとてもよく似た栄養素として、大豆イソフラボンが挙げられます。女性は、更年期に差し掛かってくるとホルモン分泌の減少が始まります。また、出産や体調の変化に応じても、ホルモン分泌量は、減少することがあります。減ってしまった女性ホルモンを補うためには、大豆イソフラボンが有効です。

ソース>>薄毛 病院 http://hsclinic.jp/cont/ladyusuge/

・大豆イソフラボンとは何?
イソフラボンとは、大豆に含まれているポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンととても分子構造が似ているため、体内で女性ホルモンと同じような働きをすることがわかっています。更年期になると見られるような冷え、ホットフラッシュ、動悸などの症状を緩和します。

と同時に、女性ホルモン減少から薄毛に悩む女性の強い見方となっています。

・女性の薄毛とイソフラボンの関係とは何?
女性ホルモンのエストロゲンとは、卵巣から作られるホルモンで、女性の美しい体作りのために働いているホルモンです。閉経を迎える前と出産後に減少し、薄毛の原因となっています。女性特有の薄毛で、本数が減ってしまったり、髪が痩せて毛髪全体のボリュームがなくなってしまったりします。

・どのくらい摂取すると良いの?
大豆イソフラボンは、大豆や大豆加工品に含まれています。豆腐や納豆、きなこなどにもイソフラボンがたっぷりあります。毎日の食事に取り入れるようにしましょう。目安は、1日に40~50mgを食べるようにしましょう。豆腐なら約半丁(1丁300g)、納豆なら1パックです。

1日にこのぐらいなら食べやすいですね。

・毎日、続くか心配、もっと手軽に取りたいけど
納豆がどうしても食べられないという方や毎日、大豆製品を食べられるか心配と言う方には、イソフラボンのサプリメントがおすすめです。手軽に毎日、摂取できます。しかし、サプリメントでイソフラボンを摂取する場合には、注意が必要です。女性ホルモンの取り過ぎでバランスを乱すことも考えられます。

サプリメントを取る場合には、必ず、用量を守って使用するようにしましょう。