薄毛 病院

女性の薄毛には、大豆イソフラボンが効果があるって本当なのかを調査してみました

    

女性ホルモンのとてもよく似た栄養素として、大豆イソフラボンが挙げられます。女性は、更年期に差し掛かってくるとホルモン分泌の減少が始まります。

また、出産や体調の変化に応じても、ホルモン分泌量は、減少することがあります。減ってしまった女性ホルモンを補うためには、大豆イソフラボンが有効です。

生え際を気にしている女性

大豆イソフラボンとは何?

イソフラボンとは、大豆に含まれているポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンととても分子構造が似ているため、体内で女性ホルモンと同じような働きをすることがわかっています。

更年期になると見られるような冷え、ホットフラッシュ、動悸などの症状を緩和します。と同時に、女性ホルモン減少から薄毛に悩む女性の強い見方となっています。

女性の薄毛とイソフラボンの関係とは何?

女性ホルモンのエストロゲンとは、卵巣から作られるホルモンで、女性の美しい体作りのために働いているホルモンです。閉経を迎える前と出産後に減少し、薄毛の原因となっています。

引例>>女性の薄毛治療は銀座HSクリニック|銀座の薄毛治療専門医院 http://hsclinic.jp/female

女性特有の薄毛で、本数が減ってしまったり、髪が痩せて毛髪全体のボリュームがなくなってしまったりします。

どのくらい摂取すると良いの?

大豆イソフラボンは、大豆や大豆加工品に含まれています。豆腐や納豆、きなこなどにもイソフラボンがたっぷりあります。毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

目安は、1日に40~50mgを食べるようにしましょう。豆腐なら約半丁(1丁300g)、納豆なら1パックです。1日にこのぐらいなら食べやすいですね。

毎日、続くか心配、もっと手軽に取りたいけど

納豆がどうしても食べられないという方や毎日、大豆製品を食べられるか心配と言う方には、イソフラボンのサプリメントがおすすめです。手軽に毎日、摂取できます。

しかし、サプリメントでイソフラボンを摂取する場合には、注意が必要です。女性ホルモンの取り過ぎでバランスを乱すことも考えられます。

サプリメントを取る場合には、必ず、用量を守って使用するようにしましょう。

薄毛対策として投薬治療は効果抜群

病院や専門クリニックで処方される医薬品の効果は抜群です。発毛効果も進行を食い止める効果も期待でき、何かしらの効果を実感できた人はほぼ100%という臨床実験の結果が出ています。

効果だけで選ぶのであれば、病院か専門クリニックが間違いありませんが、副作用については理解しておく必要があります。投薬治療で使われる「プロペシア」や「ミノキシジル」は肝機能障害や勃起不全といった性欲減退を引き起こす可能性があります。

肝臓がもともと弱い人は医師に相談をした上での治療が必要になります。場合によっては投薬による治療は難しいかもしれません。

発毛治療を行ってくれそうな医師のイメージ

失敗のないクリニック選び

投薬による治療をする場合は、一般の病院かクリニックを選ぶことができますが、どちらを選ぶべきかは迷うところです。皮膚科や内科でAGA治療を行っているところは専門的な知識や技術が乏しく安心して治療を受けることができるかどうかは心配な面が残ります。

一方、専門クリニックは知識も技術も最先端ですが費用は高額になりがちです。口コミやその病院の評価を事前に情報として集めることができる場合は集めておきましょう。

最終的には、カウンセリングに行ってクリニックの雰囲気や医師の対応の良さを見てトータルで判断するべきです。投薬の治療は少なくとも半年程度は継続して通う必要があるので不安の残る病院やクリニックでは後々後悔することになるかもしれません。

妥協することなく自信を持って選べるところに通うようにしましょう。