薄毛 病院

女性でもテストステロンの影響を受けてfaga女性男性型脱毛症を発症することがある

    

agaは男性型脱毛症と呼ばれるように男性のみに起こる脱毛症と言うイメージが強いですが女性でも起こることがあります。女性の場合はfaga女性男性型脱毛症と呼ばれています。

男性に起こるagaは男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンに変換することが原因です。

ジヒドロテストステロンには脱毛因子を増やす働きがあり、脱毛因子によって髪の毛の成長期が短くなります。額の生え際や頭頂部から薄くなる症状が見られ、側頭部や後頭部は薄くならないことが多いです。

男性はもともと男性ホルモンの分泌が多いためにagaになりやすいことは分かりますが、なぜ女性ホルモンの分泌が多い女性に起こるのか疑問に思われる方は多いと思います。

発毛治療に用いられる医薬品のイメージ

女性でもテストステロンの影響を受ける

女性の場合は年齢と共に女性ホルモンの分泌が少しずつ減ってきて、男性ホルモンのテストステロンの影響を受け始めることでfagaを発症すると言われています。

男性に見られる症状と違って女性の場合は頭部全体的に髪の毛が薄くなっていく症状が見られます。年齢以外にも偏った食生活や過剰なストレス、過度の喫煙や飲酒、洗浄力の強いシャンプーを使用した洗い過ぎなども原因になることがあります。

男性の場合はもともと女性ホルモンの分泌が少ないので、そのまま放置しても治らないです。女性の場合は減少してもまだ分泌されますので女性ホルモンの分泌量を増やせば治ることがあります。

イソフラボンを積極的に摂取

豆腐や豆乳など大豆食品にはイソフラボンと言う成分がたっぷり含まれています。このイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。

偏った食生活から大豆食品を取り入れた食生活へと見直しすることである程度ではありますか髪の毛に好影響が出やすいです。

大豆食品の中でも特に豆乳はイソフラボンの含有量が多いです。無調整豆乳なら200mlパックにイソフラボン68mgも含まれていると言われています。

イソフラボンの一日摂取量の上限が70から75mgなので無調整豆乳一本で十分なイソフラボンの摂取が可能です。サプリメントでイソフラボンを補う場合は上限30mgとなり、残りの40から45mgを大豆食品から摂取することが必要です。